IT・パソコン エクセル|Excel

Excelで#N/Aや#VALUE!のエラー表示がなくなる IFERROR関数

エクセル2007からの新しい関数で、

IFERROR関数(イフエラー)というものがあります。

 

これは従来のエクセルでは

エラーが表示されないように

IF関数ERROR関数を駆使して

長い式を作っていましたが、

これはその長い式がコンパクトになって

機能が集約された新関数として

集計作業を簡単にしてくれる魔法の関数です。

 

以下、IFERROR関数の説明です。

IFERROR(式,エラー時に表示する内容)

 

例えばエラーが表示されないように

エラーの場合は0(ゼロ)にしたい場合は

IFERROR(式,0)

となります。

 

エラーの場合は空白何も表示しないようにしたい場合は

IFERROR(式,””)

となります。

簡単ですね。

 

 

使用例としては、

VLOOKUP関数を使っていて

#N/Aエラーが表示されて縦の合計が出来ない時や、

掛け算をしているセルに、時々文字列が入っているため

#VALUE!のエラーが表示される

といった場合に役立ちます。

 

 

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント