IT・パソコン エクセル|Excel

エクセルで順位づけするRANK関数が便利

百ます計算を無料ダウンロードできる

百ます計算のエクセルファイルを作りました。

この表を作るときにRANK関数を使っています。

百ます計算
陰山英男先生の考案した百ます計算シート エクセル自動更新バージョン(無料)です

Excelファイルのダウンロードはこちらからどうぞ。

このExcelファイルでは乱数を発生させる関数と、

それに順位付けをする関数を組み合わせて

1から9までの数字の表示パターンを変えることで、

更新する都度、新しい問題ができるように作成しました。

そんな表を作りながら感じたのが

RANK関数の便利さです。

RANK関数は順位づけするExcelの関数です。

まずは関数の説明から

=RANK(数値,参照,順序)

数値には…

順位を調べたいセルを指定します。

参照には…

順位を調べたいデータのある範囲を指定します。

順序には…

0または入力を省略すると降順(大きい順)に、

それ以外の数値を入力すると昇順(小さい順)になります。

ちなみに…

同率首位で1位の人が2人いるような場合は…

1のデータが2個になり、

表示は1 1 3 …となります。

RANK関数が活躍するのが

名簿順や、営業所、入社順などになっている表の

成績集計です。

人の表示パターンが決まっている場合、

並べ替えを使って成績の良い順に表示することが

できません。

そんな時にRANK関数が活躍します。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-IT・パソコン, エクセル|Excel
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム