IT・パソコン エクセル|Excel

【Excel】CSVファイルのインポート方法

CSV取り込み IT・パソコン

今やCSVファイルの出力機能が付くことは

当たり前になりましたが、

「CSVファイルの使い方がよく分からない」

という方もいるかと思います。

 

CSVファイルはExcelなどの表や、

例えば給与計算ソフトで作成した集計表を

どのソフトでも開けるように

テキストデータに簡略化したものです。

 

なのでCSVファイルをExcelなどの表計算ソフトで開くと

枠が無い値だけのデータが表示されます。

 

便利に使えるようになれば

様々なソフトのデータからの

二度打ちやタイプミスなどを気にせず

取り込みが可能になるため、

仕事の効率がアップします。

 

インポートの仕方を簡単に説明します。

取り込みたいCSVファイルが既にある場合は、

Excelを開いて「データ」タブにある

「テキストファイル」を選択します。

CSV取り込み

 

するとインポートするための案内が始まります。

通常は「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」

を選択します。

CSV取り込み

 

そして「カンマ」にチェックを入れます。

CSV取り込み

最後に列のデータ形式を選択するときには

注意が必要です。

0001などのゼロで始まるデータは

「文字列」にします。

そうしないと取り込んだ時に000が表示されなくなります。

あと、住所を2つに分けて「住所1、2」などとしている場合、

1-2-3といった番地のデータは日付データとして取り込まれてしまいます。

住所等も「文字列」として取り込みましょう。

CSV取り込み

 

これで完成です。

CSV取り込み

 

誤って取り込んだ例がこれです。

上がそのまま取り込んだ状態、

下が文字列として指定した状態です。

CSV取り込み

 

慣れれば簡単で便利な機能です。

CSVのインポートでサクサク仕事をしましょう。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント