IT・パソコン エクセル|Excel

金種表を作成するためのエクセル関数

以前作ったエクセルの金種表を

今度は、自分で金種表を作りたい!

というエクセルにある程度詳しい中級者向けに

金種表の関数について説明たいと思います。

 

「よく分からない」

「自分で作るのは面倒」という方は

こちらのページからダウンロードしてご活用ください。

 

 

本題の、金種表に使われる関数の紹介です。

使用する関数は2つ。

INT関数MOD関数です。

 

1.INT関数

INT関数は切り捨て計算をする関数です。

使い方は、INT(金額セル/10,000)という式を入れると

金額の入力されたセルが123,456円の場合、

12.3456となり、切り捨て処理されると12になります。

この計算で一万円札の数が計算出来ます。

 

2.MOD関数

MOD関数は割り算をして余った値を求める関数です。

使い方は、MOD(金額セル/5)という式を入れると

金額の入力されたセルが123,456円の場合、

24,691余り1となり、余りの「」が表示されます。

この計算で1円玉の数が計算出来ます。

 

3.1万円と1円以外の金種計算方法

さて、ここまで読んでいただいた方は

「100円玉の計算はどうやるのか?」

という疑問が出てくると思います。

これが金種計算のキモです。

ヒントはINT関数とMOD関数の組み合わせです。

 

分かりましたか?

これも惜しみなく説明します。

計算式はこうです。

INT(MOD(金額セル,500)/100)

金額セルを一つ上の貨幣単位である500円で割ります。

すると123,456円の場合、456円となります。

 

ここまでの計算でINT(456/100)なったので

そのあと、INT関数求めたい単位の金種を入力します。

ここでは100円なので100を入力します。

これで100の割り算で切り捨てられて

100円玉が4枚という値が求められるという言うわけです。

 

他の金種についても同様に求められます。

ぜひ試してみてください。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント