総務・経理の仕事をしている私(事務屋)が、仕事で感じた「共有すると良さそうなこと」などをブログやPodcastで配信しています。

【エクセル】if関数を使って間違い探し

NO IMAGE

エクセルの関数には

IF関数という関数があります。

 

IF関数の仕組みは

もしも条件に合っているならAを表示、

条件に合っていない場合はBを表示するというもので

式にすると以下のようになります。

=IF(条件,条件にあっている場合,条件と異なる場合

例えば、

A1のセルに「20」と入力されていて、

10より大きい場合は「◯」、

10以下の場合は「☓」

と表示したい場合のIF関数の式は、以下のようになります。

=IF(A1>10,“◯”,“☓”)

文字を表示したい場合は「ダブルコーテーションで囲みます

これがコツです。

 

さて、私がよく使う、

このIF関数を使った便利な答え合わせの方法

がありますので紹介します。

 

例えばA列とB列に別々に取り込んだ

文字データがあり、それぞれが一致しているか確認する場合は

まず、C1のセルに

=If(A1=B1,0,88888)

と入力します。

これで一致していれば「0」が表示されて、

間違いがあれば「88888」が表示されます。

これをチェックしたい最後の行まで式をコピーすると

間違ったセルには「88888」と表示されているので

間違いが見つけやすくなります。

 

この式のポイントは

1.ダブルコーテーションの入力を省略して早く入力できること

2.間違いが濃い目の長い文字で分かりやすいこと

です。

 

便利に関数を活用する知恵です。

何かの参考になれば嬉しいです。