IT・パソコン

ビッグデータのバックアップに最適!IPv6は通信速度が速いんですっ!

インターネット プロトコル バージョン6

といっても馴染みは少ないかもしれません。

ただし、このページを読んでいただいている方なら

ピンとくるキーワードかと思います。

 

そもそも現在のインターネットは

IPv4(インターネット プロトコル バージョン4)が

主流です。

しかし、将来的にIPアドレスの枯渇が問題視されたため

考えられたのがIPv6です。

違いはIPアドレスの桁数です。

 

IPv4では

192.168.20.1

IPv6では

3078:5698:2bc5:1acb:410b:97aa:0078:157e

といったように見た目だけで

相当増えてる感じがしますよね。

 

違いは

10進法→16進法

8bit→16bit単位で分ける

.(コンマ)→:(コロン)

です。

 

これでIPアドレスの枯渇問題は

解消できそうというのがよく分かると思います。

 

そこで、今回のタイトル、

通信速度が速くなる!

と、どう関係してくるのか?

 

そこが重要です。

IPアドレスも長いものになるため

通信に時間がかかりそう

というイメージをお持ちの方も

多いかもしれません。

 

しかし、日本のインターネット環境の多くを占める

NTTのサービス「フレッツ光」の中には

IPv4の通信では200Mbpsという上限が

設定されているものがありますが、

同じ契約でもIPv6通信にすると、

その上限が適用されないのです。

 

だから最高1Gbpsという高速通信が可能になるのです。

 

詳しくはNTTの方や、契約内容をご確認してください。

 

IPv6を使ったNTTのおすすめバックアップサービスは

こちらで紹介したいと思います。

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム