IT・パソコン

あなたは大丈夫?インターネットバンキングのセキュリティ対策

警視庁によると、

2015年のインターネットバンキングからの

不正送金被害額は年間で30億円を超えたそうです。

(警視庁の詳しい広報資料はこちら

 

あなたはインターネットバンキングを利用していますか?

そして、ウィルス対策ソフト以外にも

不正送金対策を行っていますか?

 

そして、ワンタイムパスワードがあるから大丈夫!

ソフトキーボードを使っているから大丈夫!

なんて思っていませんか?

 

私も少し前までは、

ワンタイムパスワードがあるから

不正ログインは防止できると安心していました。

しかし、手口は年々進歩してきていて、

インターネットバンキングにログインしてから

発動するプログラムがあり、

操作画面もいつも通り表示されているのに

勝手に送金されてしまうという手口が発生しているのです。

 

もし、対策がまだでしたら、

金融機関も推奨している

無料で、今すぐできるセキュリティ対策がありますので紹介します。

 

東京三菱UFJ銀行でも紹介していますが、

(紹介ページはこちら

インターネットバンキング用の不正送金に特化した

無料ウィルス対策ソフトがあります。

それが

Rapprt(ラポート)

です。

このソフトはIBM社が開発したソフトで、

インターネットバンキングに特化した

セキュリティ対策ソフトです。

 

現在インストールされている他のセキュリティソフトとの

二重インストールをしても問題ありません。

ちなみに私は、ウィルスバスターと一緒に

インストールしましたが大丈夫でした。

 

インストール後の設定も特になく、

すぐに使えます。

不正送金によって会社の資産が

一瞬にして無くなってしまうというリスクを考えると、

早急に対処したいところですよね。

 

多分、お使いの金融機関の

インターネットバンキング操作画面などにも

セキュリティプログラムのインストールを

薦める表示がされているかと思います。

 

銀行が推奨する設定を行っていなくて

不正送金の被害にあった場合、

必要最小限のセキュリティ対策がされていないとみなされ、

保証されないという事があります。

 

もし対策がまだのようでしたら

早急に対策をしましょう。

Amazonのおすすめ

-IT・パソコン
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム