エクセル|Excel

合計が合わない。そんな時は小数点以下の端数を確認してみよう

エクセルで小数点以下の端数を表示する エクセル|Excel

エクセルで表を作った後、

合計が1違うとか、

表に表示されている数字を電卓で計算すると

合計の数字と数円の誤差が出る

なんて時はありませんか?

上の表では、電卓でEの列を合計すると

7になりますが、エクセルの自動計算では6と表示されます。

そんな時は小数点以下の端数が隠れていないか

確認してみましょう。

まず、調べたい範囲を以下のように選択します。

エクセルで範囲を選択

次に、画面上部にあるツールバーの

小数点以下を表示するボタンをクリックします。

エクセルで小数点以下を表示するボタン

クリックする度に小数点以下が、

一度クリックで、小数点第一位まで表示

二度クリックで、小数点第二位まで表示

・・・

といった感じにクリックする度に

隠れていた小数点以下の数字が表示されるようになります。

するとあら不思議?

エクセルで小数点以下の端数を表示する

隠れていた少数点以下の数字が表示されました。

原因がわかりましたね。

あとは、端数をどう処理するのか?

小数点以下まで表示しておけば良いのか?

そこが確認できればOKですね。

ちなみに、右側のボタンで

小数点以下の表示が一桁ずつもとに戻っていきます

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム