IT・パソコン

連日の高温。あなたの会社のサーバーは大丈夫?

ここ数日、気温が30度を超える日が続きました。

 

気になるのが休日の社内は窓を閉め切って

サウナ状態といった空間に設置されている

サーバーやNASなど、

電源を入れたままの機器類です。

 

本来、サーバーなどハードディスクを使った機器類は

温度・湿度が管理されたサーバールームや電算室といった

サーバーのための空調管理された部屋の中で管理されるのが理想です。

 

もしサーバーが壊れたりすると

  • 業務が止まってしまう
  • 店舗管理などのシステムでは信用減・売上減
  • 復旧が大変
  • 買い替えには相当なコストがかかる

といったことになります。

 

大手の企業ではサーバールームがありますが、

中小零細企業では、そういったところも準備できず、

なるべく涼しい部屋をサーバールーム代わりにしている

というのが現状ではないでしょうか?

 

しかし、パソコンもそうですが、

電源を入れているだけで熱が発生します。

それをファンで排熱しているのですが、

室温が高ければパソコン自体に熱を持ってしまうので

ファンに頼った熱対策も限界があります。

 

サーバーの設置されている部屋に

エアコンがあるならば週末は特にエアコンを入れて帰りましょう。

もし、エアコンが無いというところは

応急処置的に

涼しい場所へのサーバー引っ越しを検討

エアコンなどの空調設備の導入検討

それまでは扇風機をサーバーに当てたりするなど

簡易的な措置をとる。

といったことになります。

 

サーバーのトラブルは会社の運営に

重大な影響を及ぼすことになります。

温度管理はあまり考えていなかった

という方には、これから検討してもらいたいと思います。




Amazonのおすすめ

-IT・パソコン
-, , , , , , ,

© 2023 事務屋ドットコム