エクセル|Excel

Excelで入力されている計算式を全て表示する方法

Excel数式の表示機能 エクセル|Excel

仕事で使うエクセルファイル。

他人が作ったものだと計算式が複雑だったり、

どこから計算式の元データを引用しているのか

が分からないということはよくあることです。

 

タチが悪いのが、計算式の一部が間違っていることです。

前回同じファイルを使った人が

計算式の入っているセルに数値を直接入力してしまった。

とか、

途中計算式の一部が消されてしまった。

とっいったことがあると

どこが間違っているのか探すのも一苦労です。

 

最近のエクセルでは

周囲の計算式や書式と異なるセルがある場合、

セルに印が出るようになっています。

こんな感じで緑色の▲がセルの左上に表示されます。

 

小さな表や単純な計算式の場合、

これで発見するのが早いのですが、

式をすべて表示させて確認したい!

という場合には、

Excel数式タブ

数式タブにある

Excel数式の表示ボタン

数式の表示をクリックします。

 

すると、先ほどの表が

以下のように隠れていた数式が表示されます。

このとき気になるのが列の幅です。

心配はいりません。

幅は一時的に広がりますが、

もう一度「数式の表示」をクリックすることで

元の書式に戻ります。

 

このように計算式をすべて表示させることで

異常個所を探したり、

式を確認しながら表を理解することができます。

ちょっと便利な数式表示機能の紹介でした。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント