エクセル|Excel

エクセルは見た目で勝負が決まる!

エクセルの表 エクセル|Excel

エクセルの表は人によって作り方が様々です。

かわいい色を入れたい女性や、

枠が付いていればそれで充分。

という人もいます。

 

エクセルの表の作り方については

どんなシーンでどういったデザインを選べば良いのか?

といった質問に答えられるよう、

一定のルールがあった方が良いと思っています。

 

例として四つの表を作ってみました。

私のおすすめの使用シーンと

使い方などを説明したいと思います。

 

 

左上の表は一般的な枠が付いただけのシンプルな表です。

枠が増えるほど見にくくなるのと、

見る人の興味を引かないのが難点。

時間が無い時や、小さな表の場合、

早く伝えたい、至急確認して欲しい時などの

急を要するときに、

「とりあず形だけ・・・」といった時や、

作成に時間をかける必要が無い時に向いている表です。

 

 

右上の表は、罫線がありすぎると表が見にくくなるため、

横罫線のみにして横のデータを見やすくしたシンプルな表です。

縦も横も項目数が多い場合の確認用や、

モノクロ資料に入れるシンプルな表として

重宝するデザインです。

 

左下の表は色を付けて

見せる資料として見栄えを良くしたもの

項目と合計にフォーカスが当たるようにしています。

色を入れることによって

文章とは違う「挿絵」の感覚で資料に使えます。

使う色はベース色+グレーの2色に

重要なポイントは赤や黄色といった鮮やかな色を

1色入れる程度にしておきましょう。

 

そして左下の表、

文章の中の引用として表データを挿入したい場合、

モノクロの表を挿入することで、

文章と同化したデザインで

シンプルかつ表としての役割も十分です。

モノクロ印刷でも十分な表現ができるというのは強みですね。

 

プレゼンの資料の場合。

見やすく、見た目も落ち着いていて、

伝えたいポイントが一目で分かるものが大切です。

表を綺麗に仕上げることより、

伝えたい部分が大きく目に飛び込んでくるデザインを

心がけると伝わりやすいです。

 

 

表は忙しい時ほど枠だけになりがちですが、

伝えたい事がデータにあるから

表を作る訳なので

人に見せるものほど、やっつけの表ではなく

見栄えの良さと伝えたいポイントを押さえたものに

したいですね。

 

エクセルの表では、簡単にデザインできる機能もありますので

詳しくは過去の記事

エクセルで一行おきに色を付ける簡単な方法

をご覧ください。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント