Excelで日付から「月火水…」曜日を表示する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Excelで曜日表示

新年度ということもあり、

Excelで会社のカレンダーを作成している

という方も多いと思います。

Excelでは日付を曜日に変換する計算式があります。

覚えておくと曜日の入力ミスが無くて便利です。

曜日を表示するtext関数を使う方法

text関数は、指定したセルの値を文字列に変換してくれます。

式の基本は

=text(指定セル,表示書式)

ですが、この「表示書式」欄の指定方法を変えることで

曜日を表示するようにすることが可能です。

ただし曜日表示の場合は

=text(指定セル, “表示書式”)

表示書式を「”」で囲う必要があるのでご注意を!

以下が表示書式の入力例と表示される曜日例です。

スポンサーリンク

表示書式表示される曜日例
aaa月、火、水
aaaa月曜日、火曜日、水曜日
dddMon、Tue、Wed
ddddMonday、Tuesday、Wednesday

Excelの表にそれぞれの表示ごとに並べてみました。

↑こんな感じになります。

計算式の例を表示すると、

B2の「月」と表示されているセルの計算式は

=TEXT(A2,”aaa”)

です。

簡単にできるので是非試してみてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す