新しいパソコンなのに処理が遅い・重い・・・そんな時はSSDを使ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

SSD

せっかく新しいパソコンを買ったのに

動作が重いなんてことありませんか?

HDDはどんなに性能の良いCPUを搭載しても

読みだし書き込みに時間がかかるんです。

そんな悩みを解決するのがSSDです。

SSDにも種類がありますがM2と呼ばれる規格のものが

速度も速く、コンパクトです。

この際注意したいのが

SSDとパソコンを接続するコネクタの規格です。

ここが遅い通信規格だと、その速度がボトルネックとなってしまいます。

USB 3.1 Gen2対応のUSB Type-Aコネクタが使えるものならば

SSDの速度を十分引き出すことができます。

そこでおススメするのがSSDの自作。

ケースとSSDさえ購入すれば、

あとはドライバーで簡単にセットできます。

↓ケースです。

↓SSDです。

スポンサーリンク

両方セットで、本記事作成日現在で以下のようになります。

  • ケース 5,373円
  • 500GB SSD 8.682円

チョット値が張りますが・・・

組み立てはチョット・・・という方も

こちらの記事を見ると、

なんだかできそうな気がしてきます。

バックアップや処理速度のメリットは十分にあります。

せっかくの新品パソコンなのに

動作が遅い、重い、モッサリしている・・・そんな時や、

バックアップに時間がかかるなんて時には使ってみると良いかもしれません。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す