Excelの起動画面を非表示にして年間4時間を節約しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ExcelやWordなど、

MicrosoftのOffice製品を

初期設定のまま使用していませんか?

 

初期設定のまま使用しているとファイルを起動するたび、

以下のような画面が表示されます。

 

さて、この初期設定のこの表示、

作業をすぐ始めたいっ!

という人には邪魔なメニューになってしまいます。

 

このメニューを見てから空白のブックを表示するまでは

およそ3秒ほどかかると思います。

 

そこで、この初期表示メニューを非表示にして

すぐに作業が始められる時短設定を説明します。

一度設定すると、次回からずっと表示されません。

 

初期表示メニュー画面を非表示する方法

まず、白紙のブックを開きます。

そして、左上の「ファイル」をクリックします。

 

次に、左側の「オプション」をクリックします。

 

最初に表示される画面の一番下にある

このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する

のチェックを外します。

 

 

これで、起動時のメニュー表示が非表示になります。

簡単なので試してみてください。

 

1回3秒程度の積み重ねでも、

一日20回あれば1分の時短になります。

 

これが年間245日(365日-120日(年間休日))

ともなると、4時間程の時間が節約できる計算になります。

 

一日1分の余分な時間が年間に換算すると4時間。。。

ちょっと凄いですよね。

 

意識して仕事をしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す