【Microsoft人知れず再開】Windows10の無償アップデート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Windows10無償アップデート

Windwos7のサポートが2020年1月までとなっています。

慌てている方は多いのでは?

 

私も2016年にWindows10の無償アップデートが

期間限定でできるという情報を得たので

その時に慌ててアップデートしました。

 

しかし、期間限定かと思っていた

Windows10への無償アップデートが実は

こっそりと復活していたのです。

 

・・・という訳で、お手持ちのWindows7パソコンが

無料でWindows10へアップデートできますので

以下の注意点を読んでやってみてください。

 

Windows10のシステム要件

Windows10をインストールにあたって

Microsoftが公開しているパソコンに必要なスペックがあります。

以下の要件をクリアしているか事前に確認してください。

最新の OS

最新バージョン (Windows 7 SP1 または Windows 8.1 Update)

プロセッサ 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC
RAM 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハード ディスクの空き容量 16 GB (32 ビット OS) または 20 GB (64 ビット OS)
グラフィックス カード DirectX 9 以上および WDDM 1.0 ドライバー
ディスプレイ 800 x 600

詳細な要件はMicrosoftの説明ページをご確認ください。

 

要件に満たないパソコンの場合、

インストールできないか、

インストールできても動作が遅いなどといった事になります。

ご注意ください。

 

更新の手順

Windows10へのアップデートは以下の手順となります。

  1. アップデートツールをダウンロード
  2. パソコンのバックアップ
  3. アップデートツールを起動
  4. 終了

アップデートツールをダウンロード

MicrosoftのWindows10アップデートツールの

ダウンロードサイト(こちら)からできます。

Windows10無償アップデート
Windows10のダウンロードサイト(Microsoft)

パソコンのバックアップ

更新時にトラブルが発生した場合、

パソコンが起動できなくなったり、

起動しても不具合が発生する可能性があります。

万が一に備えてパソコンのバックアップを取っておきましょう。

バックアップにはパソコンのハードディスク容量より

余裕のある外付けのハードディスクやSSDなどの

外部メディアに保存する方法が安全です。

おススメは↓(容量はよく確認してください)

 

アップデートツールを起動

あとは、MicrosoftのWindows10アップデートツールの

ダウンロードサイト(こちら)から

「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックして

更新用のプログラムをダウンロードしてください。

 

保存先はどこでも良いのですが、

分かりやすいデスクトップに保存すると良いと思います。

 

その後はダウンロードしたツールを使って進めるだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す