モバイル|mobile

キャリアメールが使えない?携帯料金の格安プランの落とし穴

docomo、au、SOFTBANKの各社が

携帯電話料金の格安な料金プランを出しています。

 

これは安い!と、飛びつく前に

「安かろう悪かろう」

という言葉もあります。

 

以下のポイントを確認してから

移行するようにしましょう。

 

格安料金プランahamo、povo、LINEMOで出来ない事

docomo、au、SOFTBANKの3社の

格安料金プランahamo、povo、LINEMOでは

「docomo.ne.jp」といったいわゆる

キャリアメールが付与されません。

 

なので、料金プランを変更してしまうと

キャリアメールでやり取りしていた人と連絡が出来なくなってしまいます。

 

対応策としてはGmailやYahooなどのフリーメールを利用して

プラン変更前に連絡しておくことが必要です。

他にも、

家庭でインターネットを契約している場合は

プロバイダーからメールアドレスが付与されているかと思います。

家族で使用していない場合、そのアドレスを使用するのも良いでしょう。

 

ただし、現在このキャリアメールの付与については

総務省からも付与を要請されているので

今後変更になる可能性があります。

 

Simロック解除、Simカードの対応確認はご自分で

意外と面倒なのがSimカードの入れ替えです。

ただ、差し替えるだけで済めば良いのですが、

携帯電話のSimロックを解除していないと

他社のSimカードが使えません。

 

Simフリー端末を使っていれば差し替えるだけで

使えるので問題ないのですが

それを調べたうえでキャリアの変更をしましょう。

 

あと、基本的にSimカードは手続き後

送られてくるまでは携帯電話が使えなくなります。

WifiなどでLineやメールの送受信等はできますが、

外出先でのモバイル通信はできませんので

届くまでは不便を強いられます。

 

手続きは全てオンラインで

高齢の方や、

スマホの知識が少ない方は

店員さんに聞きながら手続きをしたり、

購入後のサポートは店頭で・・・と、思っている人は

多いと思います。

 

しかし、ahamo、povo、LINEMOといった

格安料金プランでは、

店頭対応不可のプランとなっています。

 

なので店頭で手続きをお願いしたり、

Simカードを差しても繋がらない・・・

といった相談は全てオンラインで行うようになります。

 

こうなってくると、ある程度分かっている人、

何かあっても頼れる人が近くにいる場合は良いと思いますが

心配な方は現状維持を選ぶ人も多いかも知れませんね。

 

キャリアを変更する時には違約金を確認

もしdocomoからauに移行するといった

キャリア変更を考えている場合は

違約金にも注意です。

ご自身の契約プランの違約金を確認してから

移行しましょう。

 

違約金+移行手数料で1万7,050円かかる可能性もあります。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-モバイル|mobile
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム