IT・パソコン おすすめ

ネットワーク初心者の教科書

中小企業の場合、パソコンに詳しい人が社内LANの設定、サーバー管理、パソコンの選定・購入担当になる場合が多いと思います。

私もそのパターンですが・・・

 

社内で他に詳しい人や常駐している人がいない場合は総務や経理、管理といった事務方部署内から担当者が選ばれます。

メールのアカウント管理は他の人のメールを閲覧するアカウント名、パスワードを知ることができるので

社内で任せる場合、信頼できる部署、担当者に任せたほうが良いです。

やろうと思えば、興味本位で社長や、気になる人のメールを勝手に受信することも可能になるので慎重に選びましょう。

 

あとは、担当になった方へ、

エクセルなどのソフトが他の人より使えるだけ、入力が比較的速いだけなどの理由で

担当になってしまうと、ネットワークの専門用語がチンプンカンプンです。

 

最初のうちは「図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説 きたみりゅうじ(著)」という本が教科書代わりになります。

わからない用語が簡単なイラストと一緒に説明されています。

あと、良書ということと、進歩が速い分野なので、新しい版が出ています。

購入する際には最新の版を買いましょう。

 

ipアドレスや、ネットワーク、パソコンの用語はこれ一冊でほぼ網羅できます。

私も以前、3版を購入しましたが、時々見返す時があります。

担当者は必見です。

関連コンテンツ

-IT・パソコン, おすすめ
-, ,

© 2020 事務屋ドットコム