【無料】法人の口座開設時に必要な代表者証明書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

代表者証明書(口座開設)

最近、銀行などの金融機関で

法人が口座開設する場合、

口座名義は個人名まで必要ということで、

代表者の氏名まで登録するようになっています。

 

多くの場合は社長や、経理部長などが

口座の代表者となるかと思います。

近くにその代表者がいれば手続きも簡単です。

 

しかし、遠隔地の事務所、営業所、工場などの拠点で

口座開設する場合、

拠点ごとの所長、工場長名義で口座を開設したい!

というニーズがあるかと思います。

 

そんな時、口座開設時に必要となるのが

営業所や工場の代表者であることの証明書です。

 

無料でダウンロードできるひな形を作りました。

代表者証明書(口座開設)
スポンサードリンク




書式ダウンロード無料)はこちらからできます。

スポンサーリンク

 

シンプルな書式ですが、

下線部に法人名と事業拠点名(○○営業所など)を記入して、

その下に

本社、本店などの法人登記されている

代表者名の印鑑を押します。

 

下記には

営業所や事務所、工場などの代表者の

個人の名前、住所、生年月日を記入します。

 

注意するのは個人の住所、生年月日を記入する点です。

銀行などでは本人確認が求められるため、

本人が窓口に行って、運転免許証やパスポートなどの

身分証明書と一緒に

「証明書」を提示するといった感じになります。

 

ちなみに、私もこの書式を使っていくつか法人の代表者以外の名義で

口座開設をするときに使用しましたが

銀行、信用金庫、農協など、

金融機関からクレームが来たことはありません。

 

口座開設時に必要な

委任状についてはひな形の無料ダウンロードもできる

こちらのページをご確認ください

 

代表者以外の名義で

口座開設はどうしたらいいのか?

といった同様の悩みをお持ちの方の参考になれば幸いです。

関連記事

SNSでもご購読できます。