事務の知識 考え・アイディア

資金繰りのツボ

資金繰りが大変になる前に、

支出の見直しをしましょう。

 

家賃、光熱費などの固定費が高い場合には、

今ある場所を賃貸して、

家賃の安い場所へ移動したり、

光熱費が高い場合には、

燃料効率の良い設備への買い替えなどが

できれば、事前の見直しになります。

 

あと、材料などの変動費は、余分に仕入れない。

余剰在庫はせっかく稼いだお金をゴミにすることです。

素材を変更しても良い場合なら、

余剰在庫を利用した製品づくりの検討や、

数量限定生産といった方法が取れないか?

保存方法を変えることで、サイクルを長くできないか?

各部署に分けていた管理を1箇所に集約することで

無駄な購入を減らす。

なども考えてみましょう。

 

お店の場合は、集客に力を入れて、

客層に合った飲食店でチラシを配布してもらうなど、

広告の戦略。

固定客を維持するためなら、

ポイントカードの見直しなども効果的ではないでしょうか?

 

仕入れなどの支払いが先行するため、

売上代金の回収は遅くなるのが商売の常です。

 

予約注文を受ける方法の検討なども

資金繰りを楽にする方法の一つ。

 

最近売上が低迷している。。。

といった場合、早期の対応はアイディア次第で

何とかなる場合が多いです。

 

何事も早めの対策を心がけましょう。

関連コンテンツ

-事務の知識, 考え・アイディア
-, , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム