IT・パソコン 事務の知識

今さら聞けないWindows OSの32bit版と64bit版の違い

WindowsのOSは、

32bit64bitの2つのバージョンが

用意されています。

 

この違いは?

と聞かれると正直答えられない人は

多いのではないでしょうか?

 

私もそうでした。

 

そこで簡単に分かる違いを

説明したいと思います。

 

1.使用できるメモリが違う

32bit版では4GBまでのメモリしか認識出来ませんが、

64bit版ではそれ以上のメモリを認識できます。

要するにスペックの上限が増えるということです。

しかし、OSのバージョンに寄って上限が異なりますので

メモリ増設前に確認をしておきたいですね。

 

2.使用できるHDD(ハードディスクドライブ)の容量が違う

32bit版では2TBまでのHDDまでの対応となっていますが、

64bit版ではそれ以上HDDまで対応しています。

(理論上16EByte(エクサバイト)まで)

 

3.対応するソフト・ドライバが異なる

ソフトが32bitマシン用に作れられたものは

64bitマシンでは正常に動作しない可能性があります。

意外と困るのがプリンタなどの周辺機器を制御するためのドライバです。

購入や、移行前に確認しておかないと、

仕事ができなくなってしまいます。

(業務用の古い周辺機器を使っている場合は特に)

 

以上が、大雑把ですが違いです。

 

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント