周辺機器| Accessory

おすすめビジネス用インクジェットプリンタ

レーザープリンタは会社で使用、

インクジェットプリンタは自宅用と思っている人は

多いのでは?

 

私もそうでした。

しかし、インクジェットはレーザープリンタに無い

良さがあります。

 

例えば、レーザープリンタのように

用紙に熱がかからない印刷であることです。

紙が熱で変色、変質してしまうことがありません。

 

裏紙の印刷をレーザープリンタで行う場合、

裏紙に印刷されているトナーが溶けるなど、

プリンタの故障、紙詰まりの原因にもなります。

 

インクジェットプリンタの場合は

用紙に熱がかからないので、

レーザープリンタで印刷したものを裏紙使用しても

問題ありません。

 

小規模なオフィスならば、

導入コスト、ランニングコストも安く、

ファックス機能と、コピー機能が搭載された

エプソンのPX-M840Fがオススメです。

[browser-shot url="http://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm840f/" width="500" height="450" target="_blank"][browser-shot url="http://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm840f/" width="400" height="300" target="_blank"][/browser-shot]

 

本体はエプソンダイレクトショップ

ネットショップや価格ドットコムで探すより最安傾向です。

(決算セールなどの割引イベントがあります)

 

インクカートリッジは

互換インクでコストを削減したいところですが、

私は、購入後すぐに壊れてしまっては台無しなので、

耐久枚数(PX-M840Fの場合は15万枚)までは

純正インクを使用するのをオススメします。

 

ビジネス向けのインクジェットプリンタは

耐久枚数と印刷速度、そして印刷コストを重視してください。

耐久枚数が少ないモデルでは、

どんなに丁寧に使用していても

給紙部分や、廃インク吸収パッドが限界になります。

 

給紙ローラーは給紙時の紙詰まりが発生しやすくなったり、

廃インク吸収パッドが限界になると

スキャナ、FAXなども使用できなくなるという事が起きるため

代替え機や、故障時は新規購入を視野位に入れて購入するなどが必要です。

-周辺機器| Accessory
-, , , , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム