IT・パソコン 周辺機器| Accessory

EPSON(エプソン)プリンタ修理メモ

エプソンのインクジェットプリンタを使用していました。

しかし廃インク吸収パッドの限界エラーメッセージが

出たため、送付修理サービスを利用することにしました。

 

廃インク吸収パッドの交換メッセージは

一度警告が出ますが、

廃インク吸収パッドの交換が必要な時には

プリンタは動きません。

 

そうなる前に修理が必要です。

 

せっかく購入したプリンタ。

しかも廃インク吸収パッドのメッセージが出るほど

使用してきたということは

相当十分もとはとってきたと思われます。

 

新しくプリンタを購入することも視野あるかもしれませんが、

詰替えインクなどを購入して在庫があるようならば

今のプリンタを修理して使うことをオススメします。

 

私の経験では、

エプソンの送付修理を依頼した場合、

到着日にFAXで見積りと修理依頼の有無確認のFAXが届きました。

(修理見積もりを依頼した場合です)

 

インクカートリッジには純正ではない

リサイクルインクをセットしたまま

修理送付したのですが、

きちんと修理対応していただけました。

 

最近はリサイクルインクも一般的になってきた

ためでしょうか?

 

修理費用は基本料+技術料に加えて

部品代がプラス3000円程でした。

 

給紙ローラー部も給紙エラーが出ていたため、

この時は交換してこのくらいの料金でした。

 

20,000円位上のプリンタは修理して使用しても

いいのでは?と感じました。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-IT・パソコン, 周辺機器| Accessory
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム