IT・パソコン エクセル|Excel

エクセルで印刷範囲を設定する

エクセルで表や文章を入力して

最後に印刷してみると

なぜか1枚多い、

なぜか枚数が2倍に増えている

といった事があります。

 

その原因はページ内に収まらなかった

文字や図形のオブジェクトが印刷範囲から

はみ出しているからです。

 

エクセルでは画面上と実際の印刷は違います。

これは表計算に特化したソフトのため、

表以外の「文章や、図形、画像」

といったものが画面通りにならないのです。

歯がゆいところではありますが・・・

 

実際、一行に長い文字を入力すると

こういった現象が発生します。

 

さて、対処法は?

今回は余白を小さくする方法を紹介します。

「ページレイアウト」タブの「余白」をクリックします

余白を調整する

 

「狭い」または「ユーザー設定の余白」をクリックして

余白を小さくすることで印刷範囲内に収めます。

余白を調整する2

注意するのは「狭い」を選択すると

上下の余白が変わってしまうため、

印刷すると全体的に上に寄ってしまいます。

 

ここでは「ユーザー設定の余白」の使い方を説明します。

予約を調整する3

左右の余白を狭く場合、

右側の余白を優先して調整します。

右側余白、1.8→0にします。

 

ちなみに、左を先に調整しない理由は

用紙にパンチで穴を開けたり

製本する時には左側スペースが

ある程度必要だからです。

パンチ穴を開ける場合は

左の余白を削っても1.3~1.5程度にしておきたいです。

 

左右の余白問題は概(おおむ)ね

コレで解決するかと思います。

 

他にも解決方がありますが、

また別の回で紹介したいと思います。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-IT・パソコン, エクセル|Excel
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム