マイナンバー制度導入に向けたセキュリティ強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

2015年10月からマイナンバー通知が開始されます。

マイナンバーとは社会保障や税金といった

行政サービスを受ける時に必要となる

12桁の個人番号です。

(詳しくは内閣官房のページをご確認ください)

 

実際の利用開始時期2016年1月からです。

 

ちなみに法人には13桁のマイナンバーとは別の

法人番号」が2015年10月から通知されます。

 

さて、このマイナンバーは

今までのような健康保険の被保険者番号のように

加入する所によって変わる番号ではないため、

重要な個人情報となります。

 

会社ではマイナンバーと個人情報を漏洩させてしまうと

罰則が科せられる場合がありますので

管理が重要になってきます。

 

今まで以上にネットワークを通じたウィルス対策や

印刷物の管理、

廃棄方法、

データのパスワード設定

が必要となります。

 

あと、マイナンバーの記載された書類を収集することも

禁じられているため、法定保存期間を超える書類は

廃棄処分するといった事も検討が必要です。

 

総務や経理、労務といった部署では

マイナンバーを扱うことになると思いますので

管理方法を厳重にするように

今のうちから対策を進めましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す