IT・パソコン

Windows10への無償アップグレード

Windows10への無償アップデートの予約が

昨日より始まりました。

パソコンを起動した際、画面右下に

Windowsのアイコンが表示されるようになったかと思います。

このアイコンをクリックするとWindows10への無償アップデートの画面に遷移します。

予約をするとリリース日にOSが更新され無料でWindows10になるというものです。

 

対象となるOSは

  • Windows7
  • Windows8
  • Windows8.1

です。

 

肝心なリリース日は2015年7月29日で、

無償アップデートはリリース日より1年間の期限付きとなっています。

今すぐアップデートしようと思ったり、

早い人はアップデートの予約が済んでしまっている人もいるかも知れません。

 

マイクロソフトのホームページで

Windows10の紹介がされていますので

気になる方はこちらをご覧ください。

 

 

私なりの調査ですが気になったものを

ピックアップしてWindows10の新機能を紹介します。

 

【主な新機能】

Microsoft Edge

現在の「e」のマークでお馴染みの

ブラウザーである

インターネット・エクスプローラーが

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)に変わります。

 

Microsoft Print to PDF

いままでPDFへの変更には後付でソフトを購入していましたが

Windows10からは標準の仮想プリンタとして

Microsoft Print to PDFがインストールされています。

PDFへの変換が標準でできるようになることは便利です。

 

 

無料なので、インストールしてみようと思うのですが、

悩むのが会社のパソコンです。

 

会社のパソコンは制約が多いため、

簡単にアップデートしても周辺機器や、

市販プログラム以外のものを使っている場合、

新OSへの対応が懸念されます。

 

ソフトの互換性対応については

アップグレード時に対応可能か非対応なのかが

スキャンされ、表示されます。

 

こちらも詳しい内容はマイクロソフトの

Windows10の仕様のページ(こちら)を参考にしてください。

エディション別のアップグレード表も上記のサイト内にあります。

 

HomeとProfessionalは引き続き別のエディションとして

Windows10 Home

Windows10 Pro

上記のように別れるようになっています。

 

会社使用のパソコンについては年内に更新を検討するくらいでも

良いかもしれません。

パソコンの買い替えなどを検討していて、

Windows10を一台だけ導入して様子をみるというのも一つの案です。

 

OSの入れ替えは特に慎重に行うのが良いかと思います。

プリンタなどの周辺機器への対応、

ソフト・アプリといったものへの対応

データのバックアップや

メールの移行

など慎重に計画立てて行いましょう。

 

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント