おすすめ 考え・アイディア 読書

ハチドリのひとしずく

自分が小さく感じた時、

自分がしていることに疑問を感じた時、

自分で何をしたら良いのか迷った時、

この本をオススメします。

 

本書では、ハチドリの住む山が

山火事になった時、

一羽のハチドリはくちばしに水をくわえて

一滴ずつ燃え盛る火にかけました。

 

それを見ていたハチドリ達は笑って

その無意味さを指摘しますが、

一羽のハチドリは

「私は、私にできることをしているだけ」

と言います。

 

私たち一人ひとりができることは

小さなことかもしれません。

しかしコツコツ継続することや、

仲間を増やすことで

大きな成果を生むことができる!

そんなメッセージが込められている

と感じました。

 

あなたはどちら側のハチドリでしょうか?

そしてどちら側のハチドリに憧れますか?

「小さなことからコツコツと」

西川きよしさんではありませんが、

これもまたはハチドリのひとしずくに通じる言葉だと思います。

 

先人達のアドバイスを大切にしたいものです。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント