文具 | stationery

2016年 これが究極の手帳&ノートだ!

年が切り替わるこの時期

毎年悩むのがスケジュール用の手帳です。

モレスキンに、ほぼ日手帳能率手帳

得意先からの頂き物の手帳や、

お気に入りのキャラクターや

チームなどのデザイン手帳などなど・・・

そんな毎年変わるデザインの中、

値段も安く抑えながらも、飽きのこないデザイン。

ついに私の理想とする手帳の形に

たどり着きましたので私の押オススメ手帳&ノートを紹介します。

【手帳&ノートの構成】

(以下、画像です)

手帳カバーについて

キングジムのノートカバーはマグネット式で

ノートの開け閉めが簡単です。

このマグネットの接着力が秀逸です。

サイズも定番のB5サイズを選ぶことで

汎用性があるのも良いところです。

さらに素材がナイロン素材の為、

多少雑に扱っても傷や汚れなどが

気にならないし、カバーだけの取り換えも可能なので

また来年は気分も新たに違うカバーに変えるということ

もできます。

中にはフセンを貼り付けるカバー付きの

ボードが入っているため、

ちょっとした予定はこれに貼り付けておいて

優先順位順に並べ替えておけば、

忘れることもなさそうです。

ダイアリー(スケジュール帳)について

これは以前から愛用しているコクヨのダイアリーの

B5サイズのものにしました。

一日に複数のスケジュールを書き込むことが多い場合は

ウイークリー(週間)バーチカルのものがおすすめ。

一日毎のイベントが書ければ充分という方には

マンスリー(月間)のものが厚さも薄くてオススメです。

ノートについて

これはB5サイズのノートなら何でもOKですが、

私は普通のノートはもちろん。

方眼ノートやレポート用紙、リングノートを試してみましたが、

横書き、箇条書きする場面が多いので、

濃い横線のガイドがあった方が書きやすいため

普通のノートが使いやすい。

レポート用紙は、切り離しが必要になった場合、

過去のメモも一緒に切り離されてしまうのでNG。

リングノートはリング部分が厚くなって不格好。

以上の理由から

定番のノートがオススメです。

特にその中でもコクヨのドット入り罫線ノートがオススメです。

これだと方眼の縦罫線は無いものの、

ガイドになる点があることで表の書きやすさが格段に良くなります。

以上、2016年の私がお勧めする手帳です。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-文具 | stationery
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム