事務の知識 税務

経理マンなら知っておこう!2021年からのインボイス導入

2015年12月12日に自民・公明両党が、

2021年4月からインボイス導入することが決まりました。

 

2017年4月から2021年インボイス導入まで

請求書に印をつける簡易的な経理方式とする。

 

ということで大筋が決まったのですが、

さて、「インボイス」ってナニ?

という人は多いのではないでしょうか?

 

私もその一人ですが・・・

一緒にインボイスについて勉強しましょう。

 

1.インボイスとは

海外へ書類以外の貨物を発送する場合、

荷送人(輸出者)から荷受人(輸入者)に向けて

作成する荷物の明細書です

 

2.インボイスはいつ使うの?

輸出する場合の荷物に添付して

税関へ提出することが義務付けられているそうです。

輸出物に対する納品書といったイメージです。

 

3.インボイスの使用方法は?

いままでの消費税増税は

納品書の日付4月1日になったら8%

ということが全ての取引で共通したルールでした。

 

しかし、消費税率が8%から10%へ変更される時には

一部の商品に限って軽減税率適用されます

そうなると、取引の日付では消費税率の判断ができなくなるため、

品目ごと消費税率の記載が必要になります。

 

4.帳票のレイアウトが変わる

これが標準の経理方法になると、

独自のシステムを使っている会社では

伝票のレイアウトなどが大きく変わる事になります。

 

しばらくは丸をつけて判別する簡便法

認められるそうですが、

システムの変更はいずれ必要になり、

経理も複雑になりそうです。

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム