今さら聞けない?電卓のCA・CE・Cキーの違い

TopAdd
広告

電卓の数字や計算式を消すとき、

Cの書かれたボタンを押して消しているけど

CAやCEとの違いがよく分からない」という方が多いようです。

簿記を詳しく教わった人ならば

常識のように知っていると思いますが、

多くの場合、

社会人になって初めて経理に配属になったり、

営業で見積もりを計算するのに使ったり

と、社会人になってから使うことになります。

そこで、今まで使い方を詳しく知らないまま

仕事をしていた人のために

改めて電卓のCクリア)ボタンの違いについて説明します。

1.シャープ製の電卓の場合

広告
広告

Cボタンはクリア

今まで計算した計算式を消します。

例)100+300[C]200+500=700

になります。

[C]を押したところで今までの計算式がクリアされます。

CEボタンはクリアエントリー

今表示されている数字だけ消したい場合は、

CEクリアエントリー)ボタンを押します。

例)100+300[CE]200+500=800

CEは入力ミスに気づいて

その数字を取り消したい場合に使用します。

今まで計算してきた結果は残るので安心です。

CAはオールクリア

CAオールクリア)は名前の通り、

すべてを削除します。

  • 入力中の数字

  • 今までの計算式

  • メモリー機能で保存しておいた数字

以上の全てが消えます。

広告

2.カシオ製の電卓の場合

カシオ製ではC、AC、リセットといったボタンになります。

Cはクリア

表示されている数字だけを削除します。

例)100+300[C]200+500=800

カシオ製とシャープ製では同じCボタンでも

機能が違いますので注意が必要です。

ACはオールクリア

今までの計算式をすべて消します。

例)100+300[C]200+500=700

リセットはメモリーまで削除

シャープ製電卓で言うところの

AC(オールクリア)です。

  • 入力中の数字

  • 今までの計算式

  • メモリー機能で保存しておいた数字

以上の全てが消えます。

全体を通してカシオ製電卓の方が

分かりやすい印象がありますが、

実際には使い慣れた電卓が一番です。

電卓は単純な機械なので

機能をちょっと知るだけで

かなり便利なツールになってきます。

少しずつ機能を覚えていきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
関連記事
Amazon
おすすめ☆アドセンス関連本
スポンサードリンク