おすすめ 事務の知識 考え・アイディア

2016年 事務屋のノート術

2016年事務屋ノート術詳細 おすすめ

今年も一年間、ノートのとり方を工夫しながら仕事をしてきました。

本で紹介されているノート術や、

その時に応じたノートのとり方をしていますが

2016年、今年の集大成となるノート術は

我ながらシンプルな形になりました。

 

名付けるとすれば「業務日記ノート術」です。

以下に私のノート術を紹介しますので

皆様の参考になれば幸いです。

 

 

使用するノートはB5サイズの普通のノートです。

普通のノートを持ち歩いていれば

周りから特別な視線を感じることもないため

ストレスがありません。

以前は横罫線のノートを使っていましたが

5mmの方眼罫のノートを使っています。

メモのとり方は↓こんな感じです。

2016年事務屋ノート術詳細

ノートの左側にその日のやることを

箇条書きにします。

仕事中に気づいた問題点や、疑問点、改善点などは赤ペンで書きます。

赤色のペンがない場合は

後で蛍光ペンや赤のアンダーラインで強調しておきます。

 

あまり書くことが無いときでも

見開き2ページで一週間が終わります。

 

週末に一週間のノートを見返して

赤で強調された項目を付箋に書き写します。

ノートの最初のページには何も書かずに

一週間のふせんを貼るスペースとして使用します。

2016年事務屋ノート術_最初のページ

毎週やり残した事のふせんが追加されて

終了したふせんが剥がされていきます。

 

 

ノートが新しくなったら

最初にフセンを貼り替える作業から初めて

案件を整理します。

この作業も過去の課題を振り返りながらやるものなので

なかなか楽しいです。

お気に入りの付箋を使ったりすると

テンションが上がりそうですよね。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム