文具 | stationery

ビクーニャEXにアクロボール替芯を入れてみた

ぺんてるの多機能ボールペン

ビクーニャEX(VICUNA)を愛用して一年。

落ち着いたデザインと、

ビクーニャの滑らかな書き心地が気に入って使用してきました。

本体の価格が700円程という

リーズナブルさもオススメのポイントです。

先日、ビクーニャEXの黒インクがなくなったので

替芯を購入しようと、

近くの文房具店に行ってきました。

Amazonや楽天市場など、

ネットでの購入が増える中、

替芯のサイズを現物と確認して購入できる

近所の文房具店のありがたみを感じました。

今回ビクーニャの替芯を見に行くついでに考えていたのが、

他メーカーの替芯も使えないか?

ということです。

最近使ったボールペンで気になっていたのが

パイロットのアクロボールです。

アクロボールの特徴は

・油性

・しっとりとした滑らかな書き心地

インクの色が濃い

です。

好みがあるかもしれませんが、

アクロボールの黒インクの濃さは見た目でハッキリ分かります。

この濃さに惹かれてアクロボールが欲しい・・・

と密かな思いがありました。

店頭でビクーニャの替芯と、

アクロボールの替芯を並べて見ると、

サイズが同じだったのです。

これが噂のボールペン替芯の統一規格4Cなのか?

4C規格とは多機能ボールペン用の金属替え芯の統一規格です。

(以前の記事こちらを参照)

と喜びながらも、

帰ってからボールペンに入らなかったら・・・

と心配になったので、

予備にビクーニャの純正替芯も購入しました。

結局購入したのは

・アクロボール黒の替芯 BRFS-10F-B(定価100円)

・ビクーニャEX黒の替芯 KBXES7-A(定価150円)

・ビクーニャEX赤の替芯 KBXES7-B(定価150円)

以上の3本です。

さて、自宅に帰って早速替芯「開封の義」です。

ビクーニャにアクロボールの替芯を入れる

↑並べて見ました。

・・・はたして買ってきたアクロボール替芯が使えるのか?

アクロボール替芯をビクーニャに挿入の義

バッチリ入りました。(突き出ているのはシャープペン)

違和感なしです。

念のため替芯をセットした後、

ペンをもとに戻して、

ペン軸を回してシャープペンや赤ボールペンに切り替えをしても・・・

今までどおりの使用感!

そして芯を収めても先端がはみ出ることはありません。

しかも黒インクだけアクロボールなので、

見た目が変わらず、

新しくインク色の濃いボールペンに生まれ変わりました。

デザインが気に入っているペンが

そのまま使えるのは嬉しいことです。

しかもアクロボールの替芯は100円。

ビクーニャの替芯は150円なので

安いのも魅力です。

今度はジェットストリームプライムの替芯

SXR-200を試してみたいと思っています。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-文具 | stationery
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム