エクセル|Excel

【裏技】エクセルやワードで影付き文字を作るテクニック

エクセル・ワードの裏技 エクセル|Excel

会社で上司から

エクセルやワードを使って広告や提案資料など

を作ってほしいと依頼された時、

普通に入力しただけでは

なんとなくインパクトに欠けてしまいます。

 

しかし、ワードアートは設定項目がたくさんあって難しそう・・・

 

そんな方にお勧めの方法です。

 

裏技の作成イメージ

作成イメージはこんな感じです。

この裏技の便利なところは

見ながらテキスト編集ができるということです。

 

面倒な設定を開く必要がないため、

直感的に操作ができるため、

この方法がやりやすいという人もいるはずです。

※最後にサンプルファイルのダウンロードリンクがあります

 

裏技のやり方

はじめに

さてこのやり方は、

2つのテキストボックスを重ねるというものです。

操作に詳しい人は、

「ああ、そういうことか」

と、すぐに分かると思います。

 

初心者の方にも分かりやすく説明したいと思います。

 

テキストボックスを作成する

まず、テキストボックスを2つ作成します。

エクセルでもワードでも操作は同じです。

「挿入」タブ内に

↓テキストボックスのボタン

がありますのでクリックしてください。

(ワードではシンプルを選択)

 

表示された枠の中に、文字を入力します。

 

テキストボックスの選択・編集のやり方

文字の大きさなどは、

テキストボックスを選択して変更します。

作成したテキストボックスをクリックすると、

周りが点線で表示されます。↓

点線部分にマウスのカーソルを移動して

クリックすると、点線が直線に変わります。

これでテキストボックスの選択ができました。

 

これでフォントや、フォントサイズ、

フォントカラーなどが、ホームタブ内の以下の項目で変更できます。

 

 

2つ目のテキストボックスを作成する

テキスト編集ができたら

先ほどのテキストボックスの選択方法で

テキストボックスを選択します。

次に右クリックしてメニューを表示します。

コピーを選択して、

貼り付けます。

 

貼り付けは右クリックでも

Ctrlボタンを押しながら「V」でも

左上にある貼り付けボタンでもなんでも構いません。

貼り付けるとこんな感じに2つテキストボックスができます。

これで最初に作成したテキストボックスの色を変えて

もう片方のテキストボックスの右下に移動すると

完成です。

移動にはCtrlボタンを押しながら矢印キーを押すと

微調整ができるので便利です。

サンプルデータはこちらからダウンロードできます。

 

【参考】テキストボックスの枠線を消す方法

ちなみに・・・

テキストボックスの枠線を先に消したいという方は

コピーを行う前に、「図形の書式設定」を選択します。

線の色の項目は「線なし」を選択。

背景などがある場合には、

塗りつぶしの項目で「塗りつぶしなし」を選択します。

 

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント