エクセル|Excel

エクセルで入力した文字の読み仮名を半角カナに変換する方法

エクセルでASC関数とPHONETIC関数を使って半角カナに自動変換する方法 エクセル|Excel

エクセルの住所録や名簿を作成するとき、

読みにくい文字が多いため

フリガナを入力する列があります。

 

商品マスタや、社員マスタ、顧客マスタなどに

登録する商品名や人名を登録する際、

半角カナの読み仮名が無いと取り込めない

なんてものもあったりするので

一括変換したい場合などにも需要がありそうです。

 

エクセルでは、読み仮名を自動で作成する

関数があります。

上記の場面などできっと役立つかと思いますので

紹介したいと思います。

 

やり方は

PHONETIC関数で入力したときの

文字を全角カナで表示させ、

ASC関数で半角カナに変換します。

 

すると、以下のようになります。

 

どうでしょうか?

この例では関数を別々に入力していますが

=ASC(PHONETIC(B3))というように

式にまとめても良いです。

 

こうすれば一回で半角カナに変換されて

データ容量の削減にもなります。

 

ただし、ここで注意があります。

入力するときに間違った読みで入力した場合、

表示されるのは入力した時の文字で表示されます。

 

例えば、「一二三」の読み方が

正しくは「ひふみ」の場合、

 

入力者が分からずに「いちにさん」

と入力した場合は、

先ほどの式では「ヒフミ」にはならず、

「イチニサン」となってしまいます。

 

関数で読み仮名を自動作成する場合には

入力するときも間違えなく入力することが

必要となります。

 

ちなみに・・・

住所入力でも同じことが言えます。

特に、郵便番号で入力してから変換した住所は

入力作業が簡単なため、

利用する人も多いかと思いますが、

カナに変換する場合には

郵便番号の半角数字になってしまいます。

 

この問題さえクリアできれば

とても便利な関数です。

 

 

管理人をフォローする
事務屋ドットコム

コメント