事務の知識

社内で印刷するより安いかも!プリントパックとインクジェットプリンタのコスト比較

プリントパック驚きの安さ 事務の知識

プリントパックというサービスがあります。

カタログやパンフレット、広告チラシ、

ポスター、カレンダーに名刺など・・・

 

ネット経由でデータを送って、

数日後に印刷会社で印刷した品質の印刷物が届きます。

(CDなどのメディア入稿も可能)

 

 

プリントパック驚きの安さ

プリントパックの一番のメリットは安いこと。

2017年12月20日現在のサイト上での

価格は以下の通りです。

会社でカラーコピーをとると、

一枚10円以上はしますよね。

それが100部注文すると4.3円になるので会社の

コストダウン提案にピッタリ。

 

豊富な支払方法も魅力

支払方法は銀行振込(前払い)や

商品が届いたときに支払う代引きも選択できますので、

「ネット系のサービスは便利だけど、

支払いがクレジットカードだとNG」

という会社でも大丈夫です。

 

その他にもプリントパックの拠点がお近くなら

直接支払いという方法もあります。

プリントパックでの支払方法については

こちらに詳しく掲載されています。

 

インクジェットプリンタとの比較

キャノンインクジェットプリンタ

一般向けモデルTS6130や、

ビジネス用のモデルTR8530の印刷コストは

写真の定番サイズL判サイズ の場合で17.2円です。

(詳しくはメーカーHP参照)

A4用紙ならそれ以上の価格になるので

本記事作成日現在の最新モデルTS8130でも

19.4円なので自宅で印刷するより格段に安いです。

 

しかし、EPSONエコタンク搭載モデル

EW-M5071FTの印刷コストはA4サイズで0.8円と

かなり安いのが特徴です。

(詳しくはこちら

こちらは100枚で4.8円というプリントパックより

かなり安いですね。

 

インクジェットプリンタの場合、

使用するプリンタによってコストが大幅に

異なりますので、最近の大容量タンクや

詰め替えインクを使っている方はそちらの方が安そうです。

 

しかし、プリントパックでは

・印刷部数が増える

・納期までの日数を長くする

以上の条件を変えることで単価も安くなるので、

多くの部数が必要な場合や、

「印刷会社のツヤのある光沢感が欲しい」

という方は、一度検討の余地がありそうです。

 

まとめ

自宅や会社で印刷したものは

印刷会社品質を超えることができません。

しかし、ネットの印刷会社を利用することで

安く、そして早く高品質の印刷ができるようになった事は

プリントパックの革命です。

 

社内資料は会社のプリンタで、

ポスターやチラシなどは

プリントパックなどの印刷サービスを利用する

という賢い選択が今後のコスト削減のカギになりそうです。

 

賢くコストダウンして利益が上がる

組織にしたいものです。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント