切手を郵便で送る方法

事務の知識

切手やカードをバラバラにならないようにスマートに送る方法

経理を担当していると、

取引先によっては、手形を郵送するときの

送料を負担してください

というところがあります。

 

そういった先には

領収書を送るときに手形を送るときにかかった

書留の郵送料分の切手を同封して送ります。

 

簡易書留だったり、

書留だったりするので料金の違いには注意が必要です。

 

切手を同封するとき、

小さなビニール袋に入れたり

そのまま封筒に入れてきたりと様々です。

 

そんな中、私がおススメするのは

同封する用紙にカッターで

2本切り込み入れて、そこに切手を挟む方法です。

切手を郵便で送る方法

↑こんな感じです。

 

カードなどを送付するときなども

台紙にこのような切り込みを入れて挟むと

封筒の中でガサガサと動かずに

安定した状態で届けることができます。

 

カードをとると

下に「ありがとうございます」などの

メッセージを隠しておくことも

ちょっとした気遣いとして喜ばれそうです。

 

送付状に切り込みを入れることで

無駄な接着剤や台紙のコストを削減することができます。

 

ちょっとしたコスト削減と、

スマートな送り方の提案です。

 

いいな。と思った方は是非試してみてください。

 

でわ、でわ。

関連コンテンツ

-事務の知識

© 2020 事務屋ドットコム