Excelでプルダウンメニューリストから選択して入力する方法

<広告>

エクセルでデータを入力する時、

名簿から決まった人の中から選んだり、

すでに入力する選択肢が決まっていて

その中から選択して入力したいとき、

プルダウンメニューから選択して入力する方法が便利です。

特に、入力が苦手な人が使う表や、

入力ミスが多い場合の対処法として

リスト入力は効果を発揮します。

さて、どうやってプルダウンメニューのリストを作るのか?

その作成方法について説明します。

エクセルの入力規則を開く

まず、リスト入力したいセルを選択してから、

エクセルのメニュータブの中にある

「データ」タブの「データの入力規則」をクリックします。

条件設定でリストを選ぶ

<広告>

設定のタブにある入力値の種類を

「すべての値」から「リスト」に変更します。

元の値にリストを入力する

元の値のところにリストにする文字を直接入力する場合は、

山田,佐藤,佐々木

といった感じに、文字の間を「,」(カンマ)で区切って入力します。

リストがすでにエクセルの表にできている場合は

元の値の右側のボタンをクリックします。

リストの入力されているセルを

選択すると下のようになります。

この場合はB2~B6のセルまでが選択されています。

「データの入力規則」という欄にセルの場所が自動的に

入力されるので、

この例では「=$B$2:$B$6」と入力されている右側のボタンをクリックします。

あとは、右下の「OK」ボタンをクリックします。

完成

これで完成です。

一度やってみると簡単だということがよくわかります。

これで入力も簡単に、

そして入力ミスの削減にもつながりますよね。