エクセルで循環参照の式を探すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Excelは便利な計算ツールですが、

チョット式を間違えたりすると

エラーが表示されるようになります。

 

例えば、

循環参照に関する警告といったエラーです。

エクセルを何年も使っている方なら

一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

さて、今回はこの循環参照の原因となってる

式を探す方法を説明します。

 

まずはエラーメッセージを

キャンセル」ボタンをクリックして消します。

次に「数式」タブをクリックして

エラーチェックのボタンをクリックすると

循環参照というメニューが表示されるのでクリックすると、

循環参照エラーになっているセルが表示されます。

スポンサーリンク

 

さて、循環参照で困った方は上のところまで読めば対処ができます。

さらに好奇心の旺盛な方は、

循環参照ってなに?ということで以下で

循環参照の説明をします。

 

循環参照とは?

計算式がループして

永遠に終わらないような式を作ってしまった時に

発生するエラーです。

 

例えば以下のように

CにはA+Bだけなら答えは「8」となるのですが、

計算式がA+B+Cになってしまうと

A+Bが8になるので

Cは8ですが、これにCを足すと

5+3の答えに5+3を足して・・・

これが永遠に続くことになります。

 

これが循環参照です。

詳しくはマイクロソフトのサポートページに説明がありますので、

こちらを参照してください。

 

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA