IT・パソコン

Windows7がサポート延長(2023年1月まで)

Windows7ESU IT・パソコン

MicrosoftのOS、Windows7はWindowsXPという

一世を風靡したOSから移行したOSとして

利用しているユーザーは多いOSです。

企業の基幹システムなどもXPのサポート終了に合わせて

Windows7の環境で動作検証されているものも多いと思います。

Windows7のサポートの終了は2020年1月まで

いままでWindows7のセキュリティパッチなどの

サポートが受けられる期間が2020年1月までという発表がありました。

多くの企業で使用されているOSでもあるため

入れ替えには相当な予算が必要で、

私も徐々にWindows10 への買い替えを勧めていました。

Windows7のサポート期間延長の発表

米国時間で、2018年9月6日にMicrosoftから

Windows7のサポート期間を有償で延長するという発表がありました。

詳しくはこちらのMicrosoftの公式ページをご覧ください。

2023年1月までにWindows 7の拡張セキュリティアップデート(ESU)を提供する予定です。Windows 7 ESUはデバイス単位で販売され、価格は毎年増加します。Windows 7 ESUは、ボリュームライセンスのWindows 7 ProfessionalおよびWindows 7 Enterpriseのすべてのお客様に提供され、Windowsソフトウェア保証、Windows 10 EnterpriseまたはWindows 10 Educationサブスクリプションをご利用のお客様には割引が適用されます。さらに、Office 365 ProPlusは、Windows 7 Extended Security Updates(ESU)が有効なデバイス(2023年1月まで)でサポートされます。つまり、Windows 7 ESUを購入した顧客は引き続きOffice 365 ProPlus を実行できます。

Microsoftの公式ページより翻訳引用

Windows7の拡張セキュリティアップデート(ESU)とは何?

Windows 7 Extended Security Updates のことを略してESUと呼びます。

どうやらこのESUは、2020年1月にサポートが終了するWindows7を

有償でサポート期間を追加するサービスで、

その料金は年々増加し、2023年1月まではサポートが受けられる

というもののようです。

サポート料金は年々料金が高くなるので、

「早くWindows10 へ移行してね」ということだと

私は理解します。

最後に

Windows7のサポート終了は2020年1月となっているので

その後有償サポートを受けたとしても

いずれはWindows10に移行が必要となります。

どうしてもWindows7でなければ動かないという

システムがあれば別ですが、

特殊な事情がなけれは早めにWindows10へ移行するのが

無駄な出費を少なく抑えることが出来て良さそうです。

管理人をフォローする
事務屋ドットコム

コメント