httpsのSSL証明書って何?

TopAdd

スポンサーリンク

2018年7月からGoogleの方針で

Googleのブラウザchromeでネットを検索すると

アドレスがhttp://で始まるサイトのアドレスバーには

保護されていない通信

と表示されるようになりました。

Googleの方針

これはサイトの運営者が実在する企業なのか?

といった第三者がサイトの安全性を証明する

SSL証明書が発行されていないページは

Googleで検索した人がフィッシング詐欺にあうかも知れない

というようなことから、検索結果にペナルティを与え、

検索結果の上位に表示しないようにした方針の一環です。

さて、このアドレスにhttpsと、sが一つ付くだけですが

sを付けるためには認証局での証明が必要となります。

証明については大きく分けて3種類あり、

認証機関も何社か存在するため、

自分のサイトに合った認証機関を選択する必要があります。

SSL認証の種類

ドメイン認証(DV)

ドメインの利用権について証明するものです。

企業の存在等は確認されない簡易的なものです。

まずはSSL化ということで安価に済ませる個人向けといったイメージがあります。

企業実在認証(OV)

ドメイン認証に加え、

その運営している企業や組織が実在するものか確認したうえで

証明するものです。

スポンサーリンク

ドメイン認証に比べて価格が一気に高くなります。

コスト的には年間4万円~といった感じでしょうか?

企業でSSL化するなら最低限、ここから始めたいところです。

アドレスバーに「保護された通信」と表示されます。

EV認証

先ほどの企業実在認証に加えて

電話確認をして意思確認をしたり、

調査機関などのデータベースから、

第三者からのその運営組織の実在を証明してもらうものです。

一番高いセキュリティのものになります。

価格も年間5万円から十数万円といった感じです。

アドレスバーが緑色になり、

企業名も表示されるので安心感が違います。

最後に

いつの間に?

と感じた人は多いかもしれません。

今はGoogleだけがペナルティなどの措置を講じていますが

今後、こういった方向に進んでいくと予想されます。

安全に利用するためにはこういった対策が必要かもしれません。

認証局の一つ、グローバルサインに

分かりやすい認証の比較表がありましたので

こちらにリンクを貼っておきます。

しかし運営する企業にすると

新たなコストが生じるので悩みの種ではありますが。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
関連記事
Amazon
おすすめ☆アドセンス関連本
スポンサードリンク