Excelで、Endキーが無い場合の範囲指定方法

TopAdd

スポンサーリンク

Excel の範囲指定で表の最後まで範囲選択をする場合、

Endボタン使って表の範囲指定をしている人は

私だけではないと思います。

一度ENDボタンでの範囲して方法を覚えると

Excelでの作業が一気にスピードアップするんです。

ENDボタンの操作については

以前紹介した「キーボードのEndボタンって使っていますか?

をご覧ください。

さて、その便利なENDボタンが無いキーボードもあります。

ノートパソコン用の小さなキーボードには

他のボタンを押しながらENDの機能が使えるようになるものの

使い勝手が悪い。

そこでどんなパソコンでもENDを使わずに

スポンサーリンク

同様のショートカットキーとして使える技を紹介します。

それが、

Ctrl + Shift + 矢印ボタン

なんです。

使い方を説明します。

1.表の左端を選択しておきます

2.CtrlボタンとShiftボタンを押したまま 「↓」を押します。

3. CtrlボタンとShiftボタンを押したまま 「→」を押します。

これだけです。

ENDボタンと矢印キーが右側にレイアウトされているため、

こっちの方が両手で操作できるので

便利かも知れません。

しかもENDボタンの無いキーボードでも対応できるという

利点もあります。

これからキーボードのショートカットキーを

勉強する方はこちらの方が実務向きだと思います。

ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
関連記事
Amazon
おすすめ☆アドセンス関連本
スポンサードリンク