【X-T20】動く子供でもピンボケしない撮影方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

X-T20

X-T20を購入しました!

富士フィルムのミラーレスデジタルカメラX-T20 の

レンズキットが、カメラのキタムラの店頭で

下取り込みで、9万円程で購入できました。

標準レンズとのセットですが、

付属してくるレンズはXF18-55mmF2.8-4 R OISで、

5~6万円程しますので、

実質、本体を3~4万円で購入した計算になります。

かなりお買い得でした。

先日のポッドキャストの後半で、少し触れていますので

良かったらこちらの回も聴いてください。

富士フィルムのオートフォーカス性能

さて、私も購入前によく比較しました。

・・・店頭のデモ機で・・・

Sonyのα6400も新しく発売されてたので

比較して操作してみました。

やはりオートフォーカスの性能はSonyの方が

上であることは明らかでした。

フォーカス切替レバー

しかし、購入後に調べてみて分かったのですが、

富士フィルムのX-T20には

正面に小さな操作レバーが付いています。

X-T20
X-T20のフォーカス切り替えレバー

向かって右下にあるのがフォーカス切替レバーです。

SCM、逆からだとMSCと並んでいるスイッチレバーです。

小さな子供など、動く被写体を撮影する場合は、

Cにしましょう。

ちなみに

『S』はシングルAF

『C』はコンティニュアスAF

『M』はマニュアルフォーカス

の3種類のフォーカス切替レバーとなっています。

『C』にすることで、シャッターボタン半押しで

スポンサーリンク

ピントが合った被写体に動いてもピントを合わせ続けます。

シーン選択

撮影時に私のような初心者は

アドバンストSRオート

で自動的に撮影モードをカメラに任せるようにしていますが、

こちらも『スポーツ』のモードがありますので

動く被写体を撮影する場合は

自分で選択した方が良いと思います。

視度調節ダイヤル

私のようなミラーレス初心者は最初に行う儀式があります。

それはファインダーの視度調節です。

下の丸型ファインダーの向かって左側のダイヤルが

X-T20の視度調整ダイヤルです。

視度調節ダイヤル
視度調整ダイヤル(X-T20)

ファインダーは使わないから設定不要なんて

思っていませんか?

ミラーレスが初めての人ほどこの設定はしておきましょう。

せっかくピントの合っている写真が取れていても

カメラの画面に表示される画像がピンボケになって

表示されてしまいます。

実はこのダイヤルで設定しなくてもオートフォーカスも効いていて

きちんと撮れていても、

この視度調節ダイヤルで自分の視力との調整を行っていないと

画面の表示がぼけてしまうのです。

一度ファインダーを覗いてぼけて見える場合は

この視度調節ダイヤルをハッキリ、クッキリ見えるところに合わせてください。

まとめ

上記の設定をすることで動く被写体の撮影準備ができます。

私の感覚では、X-T20のオートフォーカスはそんなに悪くない。

という感じです。

さらに勉強して

これから運動会の撮影の練習をしないと!

という状況です。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す