【Podcast編集ノウハウ】iTunesでwav→m4aファイル高音質圧縮しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

PodcastのAAC音声圧縮でm4aファイル作成

Podcastを始めて45回。

回数を重ねていくと収録時間がつい長くなるときがあります。

ちょうど45回目の配信では

Seesaaブログでのファイル上限25MBを超えてしまいました。

そこでこの問題の解決策となったのが

iTunesのm4aファイルへの変換です。

ネットでもiTunesのAACの音声圧縮は評判が良いです。

Podcast配信している方はMP3でもm4aファイルでも

音声配信も聴くことも可能です。

私のAndroid OSのスマホでも再生できました。

さあ、mp3ファイルで容量オーバーでお困りの方!

試してみましょう。

iTunesの設定

まずiTunesで初期設定が必要です。

1.「設定」にある環境設定を選択

2.読み込み設定をする

Podcastを作成するのになぜ

「CDをセットしたときの動作」なのか?と思うかも知れませんが、

ここはそんな疑問を無視して「読み込み設定」をクリックします。

次に、上記のような設定をします。

  • 読み込み方法:AACエンコーダ
  • 設定:カスタム

設定を「カスタム」にすると上記の画面が表示されますので

以下の設定をしましょう。

  • ステレオビットレート:80kbps(大きいほど高音質)
  • サンプルレート:自動
  • チャンネル:自動
  • High Effciencyエンコーディング(HE)を使用にチェック

【注意】
この設定は音声配信用の設定です!
上記の設定をした後、音楽CDを取り込む場合は設定を戻しましょう。
その方が良い音質で取り込むことができます。

3.変換する

次にiTunesで取り込みたいWAVファイルを選択したら、

ファイル-変換-AACバージョンを作成

と、選択していきます。

これで完成です。

作成したファイルが見つからない場合は、

「最近追加した項目」をクリックするとファイルが表示されます。

4.まとめ

これで設定は完了です。

サイズはm4aファイルの方がMP3より小さくなりました。

音質の劣化はほとんど感じませんでした。

ちなみに途中のステレオビットレートは、

現在80kbpsが最高です。

今後、ファイルサイズをさらに小さくしたい場合などには

ステレオビットレートを下げてみましょう。

本記事作成現在では、20kpbsまで小さくすることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す