【COUNTBLANK】Excelで未入力のセル数を調べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ExcelのCOUNTBLANK関数

Excelで空白セルの数を数えてくれる関数があります。

それがCOUNTBLANK関数です。

COUNTBLANK関数の使い方

式の使い方は

=COUNTBLANK(選択範囲)

です。

選択した範囲内から空のセルの数を表示してくれます。

主な用途としては

未入力のセル数を数える事です。

データの入力漏れを調べるのに使ったり、

出席者名簿で、欠席の場合は未入力にしている場合には

欠席者の人数を表示することができます。

使用上の注意

このCOUNTBLANK関数では

注意が必要なポイントがあります。

それは、

計算式が入っているセルはカウントされない

というところです。

例えば、計算式で

=IF(A2=1,1,””)

上記のような式を使用して空白(“”)にしている場合、

COUNTBLANK関数では入力ありとして

見た目は空白ですが、式が入力されているためカウントされません。

この点は実務上、よくある間違いやすいポイントなので

注意してください。

目に見えないものを数値化する関数

COUNTBLANK関数は、

表示されないもの(空白セル)を数値データに

変換してくれる関数です。

目に見えないものを表現するという

ちょっと特異な関数ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す