退職時に会社に返却するもの、受け取るもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

退職すると、制服など会社から貸与されていたものを

返却したり、受け取る書類などがあります。

退職日まで準備する一般的なものをまとめましたので

参考にしてみてください。

 

会社に返却する物

健康保険被保険者証

 いわゆる保険証です。

 本人分はもちろん、家族分も発行されていればすべて返却します。

会社からの貸与品

 制服・社員証・バッジ・印鑑・名刺など、

 会社で仕事をする上で貸与・支給されていたものは返却します。

 特に社名の入ったものについては、

 退職後も社員のふりをして悪用することも可能となるため

 疑いをかけられないためにも返却が必要です。

 会社側の立場としても、

 使用感のある制服で、廃棄となりそうなものでも、

 きちんと返却してもらう事で、不正利用の防止に繋がります。

 

会社から受領する物

源泉徴収票

これは会社によって退職時に渡してくれる場合と、

次回の給与支給日に給与明細と一緒に郵送する、

あと、年末に一斉に発行といったように

運用が様々ですが、最終の給与明細と一緒に送ってもらうのが

一番良いと思います。

 

転職した際、年末調整に使用するほか、

独立した場合には確定申告に必要となります。

 

離職票

ハローワークで失業保険を受ける際に必要となります。

翌日から転職で勤務先が決まっていたとしても、

一応発行してもらうのが安心です。

転職先ですぐに退職してしまった際には、

前職の離職票も失業保険の支給額を決定する際に

必要になるばあがあります。

また退職した会社に連絡するのは調子が悪いと思いますので

予めもらっておきましょう。

 

会社に預けていたもの

年金手帳や、雇用保険の被保険者証などを

入社時に会社に預けたままの場合は、

退職時に返却してもらいましょう。

あと、入社時に印鑑を預けてあるような場合があれば

返却を依頼しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す