IT・パソコン

WindowsXPからのOSバージョンアップ

2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもってMicrosoft社のWindowsXPのサポートが終了となります。

会社で使用しているXPパソコンでも、会社の基幹システムなどの都合で、最近購入したものでも、ダウングレードしてXP機として使用している事があるかと思います。

そんな基本のスペックが高くて、まだまだ使えるパソコンを見捨てるわけにはいきません。

Windows7のシステム要件→こちら

Windows8のシステム要件→こちら

 

WindowsXPからアップグレードするのは、比較的Windows7が多いそうです。

Windows8はXP環境での操作から随分変わってしまって8.1で改善はされたものの、使いにくいという話を聞きます。

あと、使用している基幹システムや、周辺機器がWindows8.1には対応していないなどの理由があるようです。

特に問題なければサポート終了までの期間も長いWindows8の購入をオススメします。

 

OSを購入するとなると、気になるのがコストとインストールによるPCへの影響・再設定です。

1、2台程度であれば、アップグレード版のソフトを購入してくるというのがオススメです。

アップデートする台数が多くなってきた場合、お勧めなのが「マイクロソフト ボリューム ライセンス プログラム」です。

(詳しくはこちら

チョット複雑なので大変かもしれません。

 

アップグレードの手順は以下のとおりです。

XP→Windows7のアップグレード手順はこちら

XPまたはVista→Windows8へのアップグレード手順はこちら

ご活用ください。

 

いろいろ考えたりするよりも、会社では新しいOSの入ったPCを購入する方が速いという結論にもなりそうな・・・。

それでも、「もったいない」の精神で、使えるものは有効に使いたいと思いますね。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-IT・パソコン
-

© 2021 事務屋ドットコム