Excel(エクセル)の1行挿入、1行削除のショートカット操作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Excelの行挿入・行削除のショートカット操作方法

最近エクセルのショートカットで

仕事のスピードアップにはまっています。

 

エクセルで、行を挿入する際、

多くの方は右クリックで

以下のようなメニューを表示して

挿入や削除をしているかと思います。

この場合、

右クリックして、次の操作を選択する作業が発生します。

削除する作業が多い場合、

この時間を節約することで時間の節約に貢献します。

 

そこで「一行削除」や「一行挿入」といった操作を

キーボードのボタン操作だけで行うのが

ショートカットキーです。

 

操作の方法は

行挿入の方法

「Ctrl」を押しながら、「+」を押します。

キーボードに「+」だけのボタンが無い場合は

「Ctrl」と「Shift」ボタンを押しながら のボタンを押してください。

 

行削除の方法

「Ctrl」を押しながら、「-」を押します。

※キーボードに「-」だけのボタンが無い場合は

「Ctrl」ボタンを押しながらのボタンを押してください。

 

どうですか?

削除する時はマイナスで、

挿入する時は行を増やすのでプラス、

といった操作方法も分かりやすいですよね。

 

操作も簡単に挿入、削除の操作が出来るようになったと思います。

小さな積み重ねでも、

作業回数が増えるたびに大きな時短になります。

 

削除が繰り返しある場合には

何度も削除せずに、

削除する行に「a」でも「1」でも何でも良いのですが

目印となる文字を入力して、あとでまとめて削除する

といった方法もあります。

 

この方法なら、

都度削除をする作業で、間違えて削除してしまう

といったミスは無くなりそうです。

 

ショートカットに頼りすぎると

もっと効率的に出来る方法を見落としがちです。

ショートカットキーは手段の一つにすぎません。

自分の作業に合った効率的な操作方法を探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す