あなたの会社は大丈夫? Windows7はあと2か月で無償サポート終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Windows7の無償サポート終了

知られているようで、

あまり知られていない感じがしたのでWindowsの

話をしたいと思います。

 

Windows OSの、「Windows7」の無償サポートが

2020年1月14日で終了します。

詳しくはマイクロソフトのサイト(こちら)をご覧ください。

 

私たちの選択肢は、

  1. Winwos10のパソコンに入れ替える
  2. 今あるパソコンにWindows10をインストールする
  3. 有償サポートを受ける
  4. ネットワークやUSBなど外部とのやり取りを無くしてオフラインで使用する

 

1の場合は、台数にもよりますがコストがかかります。

ただし、新しいパソコンに変えるので

性能も良くなりますので効率的に作業ができます。

 

2の場合、現在使用しているパソコンのスペックが

低いものだと動作が遅くなりますので、

Microsoftのシステム要件を満たす必要があります。

詳しくはこちらにありますのでご確認ください。

 

3の有償サポートは、セキュリティパッチの適用を

一年ずつ値上がりするサポート料金を支払って2023年まで使い続けるものです。

ただし、いずれは入れ替えるものなので

このコストも無駄な費用になりそうです。

早めの入れ替えをお勧めします。

 

4のオフライン使用ならば

セキュリティ上問題が無いように思えますが、

新入社員、中途入社など人が入れ替わることがあれば

その運用が徹底して継続されるか心配です。

 

この運用をすると

クラウドで使用するサービスなどが利用できなくなるので

現実的ではありませんが、苦肉の策といったところでしょう。

 

どの手段を選ぶか

早めに決断して、インストールも計画的に実行しないと

社内のネットワークが遅くなったり、

パソコンが使えない時間が発生したりすると

業務に支障が生じます。

 

計画的に進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す