【これ便利】エクセルの半角・全角の混在を半角に統一するASC関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

半角全角の混在を解消!ASC関数

エクセルの表で、住所の番地部分の数字が

半角と全角が混在するデータを見かけることがあります。

 

Excelを複数の人が入力すると、

半角入力が徹底していなければ混在する可能性もあります。

あと、データを自動で取り込んだ場合、

こういったことが起きることがあります。

 

こんな時に

エクセルの表の中に混在する全角を

半角に変換する便利な関数があります。

 

それがASC関数です。

イメージは以下の通りです。

 

ASC関数は

=ASC(文字列の入ったセル)

といった式を使います。

 

漢字やひらがな部分については、そのまま残ります。

あと、ABC・・・といったアルファベットがどうなるか?

 

半角に変換されますが、

大文字は大文字で、A→A

小文字は小文字のままで、a→aになります。

安心して使える便利な関数です。

 

半角全角が混在していてデータの取り込みができない

データが多く、一つずつデータを確認しながら

修正する作業が大変。

といった悩みを解消してくれるASC関数。

 

ASC関数の入ったセルをコピーして

貼り付けたいセルを右クリックすると表示される以下のメニューから

赤枠内の「値を貼り付け」を使えば簡単に変換できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す