おすすめ

安藤美冬「冒険に出よう」

安藤美冬さんの著書です。

著者は大学卒業、就職浪人、

就職したものの3年後に「うつ病」になり、

半年の休職、6年の会社員時代を過ごした後、

株式会社スプリーを設立されて独立された方です。

(きれいな方です)

 

現在、ノマドワーカーとして注目を浴びている方の一人です。

ノマドワーカーとは、決まった働き場所を持たずに、

ノマド(遊牧民)のように場所を問わず、

どこでも仕事をする人のこと。

 

パソコンとインターネットがあれば、

どこでも仕事ができる時代には理想的な働き方だと思っています。

 


共感できる部分が多く、楽しく読ませていただきました。

特に人生・考え方の共感部分が多かったです。

人生の共感は、

子供の頃はいじめられっ子だったこと、

会社に入社後は失敗ばかりだった話ですね。

 

小学校や中学でいじめられていたことや、

最初に入社した会社では失敗ばかりで

自分が嫌になったことを思い出しました。

 

自分の人生と似た人もいるという安心感を感じました。

考え方では

組織に頼らず、自分のやり方でやりたいように働く。

裏表紙に書かれた

「未熟でも未完成でもまずは行動を起こすこと。」

は、考えてばかりの自分には衝撃的でした。

 

働き方も考え方も憧れるばかりです。

 

自分を一つのブランドとして自分で自分をプロデュースしていく。

ソーシャルメディアを活用して、今の混沌とした社会で自由自在に仕事をする。

本を読んでいて、

安藤美冬さんは組織という電車に乗った自分を窓越しに、

自在に空を飛びながらスーっと追い越していくような感じがしました。(私の勝手なイメージですが・・・)

 

少しでも近づきたいなと感じる一冊でした。

 

安藤美冬さんのホームページはこちら

 

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-おすすめ

© 2021 事務屋ドットコム