事務の知識

知らない人が多過ぎる!労働者個人で最高11,000円/円が申請できる「新型コロナウイルス対応休業支援金」

コロナ対策の給付金関連で

身近なのに、周知不足で活用されていない制度があります。

それが「新型コロナウイルス対応休業支援金」です。

この支援金がさらに延長されていますので

今まで知らなかったという方はぜひ活用してください。

 

新型コロナウイルス対応休業支援金の内容

支援金の内容としては

会社都合で休業しているが、会社で手続きがされずに

休業に対する賃金が受け取れないという方に

労働者個人からの申請で、休業前賃⾦の8割(⽇額上限11,000円)
を、休業実績に応じて支給するものです。

 

支給の条件について

以下の2つの条件を満たす場合に申請ができます。

  1. 令和2年4⽉1⽇から令和3年2⽉28日までの間に、事業主の指示により休業した中小事業主の労働者
  2. その休業に対する賃⾦(休業⼿当)を受けることができない⽅

申請に必要な書類について

  • 支給申請書
  • 支給要件確認書
  • 本人確認書類(免許証の写しなど)
  • 振込先口座確認書類(キャッシュカードの写しなど)
  • 休業前および休業中の賃⾦額を確認できる書類(給与明細の写しなど)

以上の5点を封筒に入れて、指定の送付先に郵送してください。

詳しくは厚生労働省のこちらのページをご確認ください。

 

いつまで延長?

令和3年2月の給与の申請が

令和3年5月31日まで延長されました。

詳しくは厚生労働省のこちらのPDFをご確認ください。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-事務の知識
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム